ナビゲーションを飛ばす

ホーム > 経済・産業・観光 > 農業 > ジャガイモシストセンチュウ侵入防止にご協力を!

ジャガイモシストセンチュウ侵入防止にご協力を!

ジャガイモシストセンチュウ侵入防止にご協力を!

 ジャガイモシストセンチュウは、ジャガイモの病害虫の中で最も恐れられている害虫の一つで、土の中でジャガイモの根から養分を吸収して、収穫量を大幅に減らしてしまう害虫です。
 この害虫は人体には無害ですが、一度畑に発生してしまうと完全に根絶することが難しいため、ジャガイモ生産農家にとっては死活問題となります。中札内村では、ほとんどの畑作農家がジャガイモを生産しているため、大きな問題となります。
 中札内村の畑では、これまでジャガイモシストセンチュウは発見されておりませんが、十勝管内における発生地域が拡大してきているため、なんとしても中札内村への侵入を防がなければなりません。
 主な原因としては、靴や自動車などの車輪についた土砂、種イモ、根菜類、球根、苗木などの付着土や販売されている土砂による人為的なものが挙げられます。特に発生している地域から土砂や付着土に混ざって侵入することが多いため、次のことにご協力をお願いします。

 1.無断で畑へ立ち入ったり、車を乗り入れたりしないでください。
  (種イモ畑には、立ち入りを規制する看板が設置されていますので特に注意してください。)

 2.家庭菜園などでジャガイモを植えるときは、正規に販売されている種イモを使用してください。
  (種馬鈴しょ検査合格証票が販売店の箱などに付いています。わからない場合には、店員に確認してください。)

このページの情報に関するお問い合わせ先

産業課産業グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2495(直通)
FAX番号:0155-67-2156

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る