ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 防災・防犯 > 防災 > 避難時の心得

避難時の心得

1.安全な避難路の確認を

 避難場所までの経路(避難路)は、あらかじめ自分たちで決めておき、安全に通行できるかを確認しておきましょう。

2.非常持ち出し品の事前準備を

 避難するときの荷物は必要最低限とし、事前に準備しておきましょう。

3.正確な情報収集と自主的避難を

 ラジオ・テレビで最新の気象情報、災害情報、避難情報に注意しましょう。
 雨の降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら自主的に避難しましょう。

4.避難の呼びかけに注意を

 危険が迫ったときには、役場や消防団から避難の呼びかけをすることがあります。
 呼びかけがあった場合には、速やかに避難してください。

5.避難する前に

 避難する前に、電気・ガスなどの火元を消し、避難場所を確認しましょう。
 また、親戚や知人などに避難する旨を連絡しておきましょう。

6.速やかに避難しましょう

 避難勧告などは、危険が迫ったときに出されますので、速やかに避難しましょう。
 避難の際には警察などの指示に従いましょう。

7.お年寄りなどの避難に協力を

 お年寄りや子供、病気の人などは、早めの避難が必要です。
 近所のお年寄りなどの避難に協力しましょう。

8.動きやすい格好、2人以上での避難

 避難するときは、動きやすい格好で。
 2人以上での避難を心がけましょう。

9.高い道路を通りましょう

 避難にはできるだけ高い道路を選び、浸水箇所があった場合は、溝や水路に十分注意しましょう。
 また、がけ地などでは土砂災害に注意しましょう。

10.車での避難は控えて

 車での避難は緊急車両の通行の妨げになります。
 また、交通渋滞をまねき、浸水すると動けなくなりますので、特別な場合を除き徒歩で避難しましょう。

11.堤防に車を放置しない

 水防活動の妨げになりますので、自動車を堤防や道路に放置しないようにしましょう。 

このページの情報に関するお問い合わせ先

総務課総務グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2311
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る