ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 防災・防犯 > 消防中札内支署 > 令和元年 年末焼死事故防止運動の実施について

令和元年 年末焼死事故防止運動の実施について

令和元年 年末焼死事故防止運動の実施について

☆年末焼死事故防止運動とは
この運動は、火災の発生防止、悲惨な焼死事故の撲滅及び被害の軽減を図ることを目的とした運動です。
年末の繁忙期を迎えるにあたり、不注意による火災が発生しやすい時季となりますので、火災予防にご協力をお願いします。

【実施期間】 令和元年12月15日(日)~12月31日(火)までの17日間

☆火気管理の注意について
例年、住宅火災の出火原因上位を占めるのは「たばこ」「こんろ」「ストーブ」です。
年末年始の帰郷・旅行などで長期不在となる際は、十分注意してください。
特にストーブは、定期的に点検・清掃を行うようにしてください。
トレッキング現象について】
トレッキング現象とは、コンセントにほこりが溜まることで微細な電流が流れ、電源プラグが炭化し発火してしまう現象です。
コンセントキャップを使用したり、定期的にコンセントの掃除を心がけるようにしましょう。
~発生しやすい場所~
①長期間付けている冷蔵庫や洗濯機、家具に隠れたコンセント
②キッチンや脱衣所など、湿気や調理の湯気が近いコンセント
③過度な「たこ足配線」をしたコンセント
 ※たこ足配線は、多数の電源コードを接続することにより定格電流以上の電流が流れ、配線が溶けたり発火してしまう恐れがあります。

☆電気火災について
 IHクッキングヒーターは火を使わないから安全!と思っていませんか?
 間違った使い方をすれば、怪我や火事の元となります。
【火災にならないために】
①IH対応の鍋を使用しましょう。
②調理中、その場を離れるときは、電源スイッチを必ず切りましょう。
③揚げ物調理の際は、取扱説明書をよく読み、記載されている油量に従いましょう。(油量が少なく、火災が発生した事例があります)

このページの情報に関するお問い合わせ先

消防中札内支署
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南1丁目12番地
電話番号:0155-67-2111

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る