ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 防災・防犯 > 消防中札内支署 > 令和2年 春の火災予防運動について

令和2年 春の火災予防運動について

令和2年春の火災予防運動について

◇この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、火災発生の防止と、財産の損失を防ぐことを目的とした運動です。
【実施期間】
令和2年4月20日(月)~4月30日(木)

【住宅用火災警報器について】
改正消防法が交付され、2006年6月から、すべての住宅、アパート、共同住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

●住宅用火災警報器の寿命は約10年! 定期的な作動確認を!
住宅用火災警報器は、火災を感知するために常に作動しており、寿命の目安は約10年とされています。設置から10年を越える場合は、本体を交換しましょう。
また、適切に機能するためには維持管理が重要です。「いざ」というときに適切に作動するよう、定期的に作動確認を習慣づけましょう。

【乾燥時及び強風時の火災発生防止について】
この時期は空気が乾燥し、野火や建物火災が発生しやすくなっています。
一人一人が火に対し細心の注意を払い、火災を出さないようにしましょう。
また、市街地でのごみ焼きなどは絶対に行わないでください。

このページの情報に関するお問い合わせ先

消防中札内支署
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南1丁目12番地
電話番号:0155-67-2111

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る