ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 保健 > 乳房超音波検査

乳房超音波検査

今年度より、通常の乳がん検診(マンモグラフィ)にあわせて「乳房超音波検査」を受診する場合の
助成を開始しました。

日本人女性に多いと言われる「高濃度乳房」とは?

乳房は「乳腺」と「脂肪」からできており、この割合は個人によって異なります。
この乳腺が多いタイプの乳房を「高濃度乳房」と呼びます。
乳房の構成(乳腺と脂肪の割合)は、年齢や出産、授乳の経験、生活習慣などの影響を受けますが、
高濃度乳房は、日本人女性に多く、特に閉経前の40歳代までの方に多いことがわかっています。

※ 高濃度乳房は、乳房の構成を表す言葉で、病気ではありません。

マンモグラフィ検査では、がんの発見が難しい場合がある?

マンモグラフィ検査では、乳腺が「白く」写ります。また、乳がんなどの乳房の病気も「白く」写ることが
多く、高濃度乳房の場合は、白く映る乳腺の陰に病気が隠れることがあり、がんが見つかりにくいと考え
られています。

※ 高濃度乳房の場合、マンモグラフィでがんを全く発見できないということではありません。

対象者

40歳以上、かつ、前年度未受診の乳がん検診受診者

※ 通常の乳がん検診(マンモグラフィ)を受診する場合に対象となります。
※ 医療機関によっては、ご自身の希望による受診ができない場合があります。
※ 乳がん検診無料クーポン券対象の方も対象となりますが、必ず保健センターへの申込みが必要と
  なります。

料 金

1,000円

※ 年度末年齢70歳以上、村民税非課税世帯、生活保護世帯の方は、料金が無料となります。
※ 村民税非課税世帯の方は、税情報確認のため、同意書をご記入いただく必要があります。
  申込みの際に、お申し出ください。

受診できる検診等

乳がん検診(集団検診)
乳がん検診(個別検診) ※ 「帯広第一病院」「上徳整形外科・乳腺外科」「北斗病院」のみ受診可能

※ 各リンク先を参照してください。

その他

「乳がん検診」「PET乳がんドック」について、今年度の受診や助成を受けられるのは、いずれか一方のみ
となります。

このページの情報に関するお問い合わせ先

福祉課保健グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村西2条南2丁目2番地
電話番号:0155-67-2321
FAX番号:0155-63-4172

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る