ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 福祉 > 児童扶養手当

児童扶養手当

児童扶養手当

父母の離婚などにより、父親と生計を同じくしていない児童を養育されている母子家庭などの生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図るための制度です。

平成22年8月1日から父子家庭にも児童扶養手当が支給されることとなりました。

1.受給資格者

次の条件に当てはまる18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童を扶養されている父または母や、父母に代わってその児童を養育されている方です。

なお、児童が政令で定められている一定以上の障がいを有する場合は、20歳未満まで手当が受けられます。

次の場合は、手当を受けられません。

児童が

父または母が

母または養育者が

2.支給制限

請求者および同一生計の扶養義務者等の前年の所得が次の限度額以上ある場合は、その年度(8月から翌年7月まで)は、手当の全部または一部が支給停止されます。

【所得制限限度額表】

扶養親族等の人数 全部支給 一部支給 配偶者および扶養義務者
0人 190,000円 1,920,000円 2,360,000円
1人 570,000円 2,300,000円 2,740,000円
2人 950,000円 2,680,000円 3,120,000円
3人以上 以下380,000円
ずつ加算
以下380,000円
ずつ加算
以下380,000円
ずつ加算

※扶養義務者とは、請求者の父母、祖父母、子、孫、兄弟姉妹などをいいます。
※(税法上の所得金額+養育費8割)-8万円ーその他の所得控除額=所得額

3.手当の額 ※平成28年8月分から手当額が変更になりました。

  1. 児童1人の場合
    全部支給は月額 42,330円、一部支給は月額 9,990円~42,320円
  2. 児童2人の場合 最大で月額 10,000円加算
    全部支給は月額 10,000円、一部支給は月額 5,000円~9,990円
  3. 児童3人以降の場合 最大で月額 6,000円加算
    全部支給は月額 6,000円、一部支給は月額 3,000円~5,990円

※物価スライド制の導入(平成29年4月から)
物価スライド制とは、物の価格の上がり下がりを表した「全国消費者物価指数」に合わせて、支給する額を変える仕組みです。子どもが1人の場合の手当額には、すでにこの物価スライド制を導入していますが、子どもが2人以上の場合の加算額にも平成29年4月から導入します。

4.支給時期

4月、8月、12月の年3回(支払月の前月分までの4ヶ月分をまとめて支給)
※認定請求をした月の翌月分から支給されます。

5.手当を受ける手続き

認定請求書に次の書類を添えて手続きしてください。

  1. 住民票(世帯全員)
  2. 戸籍謄本(請求者と対象児童)
  3. 印鑑
  4. 預金通帳(請求者名義)
  5. 所得証明書
  6. その他、必要に応じて提出する書類があります。

6.次のようなときは届出が必要です。

このページの情報に関するお問い合わせ先

福祉課福祉グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村西2条南2丁目2番地
電話番号:0155-67-2321
FAX番号:0155-63-4172

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る