ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 医療・年金 > 後期高齢者医療 > 医療費が高額になったとき

医療費が高額になったとき

高額療養費

1ヵ月(月の1日から末日まで)の医療費の自己負担額が限度額を超えたとき、超えた額が高額療養費として支給されます。対象となる方には申請のお知らせをお送りします。
申請は初回のみ必要です。以降に発生した高額療養費については申請した口座へ自動的に振り込みされます。
※入院したときの食事代や保険が適用されない医療費などは、支給の対象となりません。

◆1ヵ月の自己負担限度額

所得による負担区分 外来のみ
(個人単位)
入院+外来
(世帯単位)
現役並み所得者 44,400円 80,100円+1% ※1
(44,400円) ※2
一般 12,000円 44,400円
住民税非課税世帯 区分Ⅱ 8,000円 24,600円
区分Ⅰ 8,000円 15,000円

(※1)医療費総額が267,000円を超えた場合、超えた額の1%を加算

(※2)当該療養費があった月以前の12ヵ月以内にすでに高額療養費(世帯単位)が支給されている回数が3回以上ある場合、当該療養費のあった月(4回目以降)の自己負担限度額

このページの情報に関するお問い合わせ先

住民課住民グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2493(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る