ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 届出・証明 > 通知カード、個人番号カードについて

通知カード、個人番号カードについて

平成27年10月5日から「マイナンバー(個人番号)」が通知されます。

 平成27年10月5日以降、住民票を有するすべての方(中長期在留者や特別永住者などの外国人も含む)に12桁のマイナンバー(個人番号)などが記載された「通知カード」が送付されます。
 中札内村に在住の方は、10月30日より順次送付が始まっています。初期発送分は11月末に送付が完了する予定です。
 通知カードは、住民票の住所に転送不要の簡易書留で郵送されますので、現在のお住まいと住民票の住所が異なる方は住民票の異動をしてください。

 

通知カードと個人番号カード

マイナンバー(個人番号)とは

 マイナンバー(個人番号)は、住民票を有するすべての方(中長期在留者や特別永住者などの外国人も含む)に付番される12桁の番号です。
 複数の機関に存在する個人の情報をマイナンバー(個人番号)で紐付けすることで、社会保障・税制度などの効率性・透明性を高め、国民の利便性に繋がります。

通知カードについて

 マイナンバー(個人番号)が記載された紙製のカードで、個人番号カード交付申請書と一体になっているので切り離して使用します。
 マイナンバー(個人番号)は社会保障や税、災害対策などの手続きのために行政機関や勤務先に提出するため、通知カードは大切に保管してください。
 通知カードの送付以降、引越しなどで住所変更した場合などは、通知カードに新しい住所を記載する必要があるため、住所変更手続きの際に通知カードをお持ちください。

    ~通知カードのイメージ~
通知カードイメージ図

・通知カードにはマイナンバー(個人番号)、氏名、生年月日、性別、住所が記載されます。
・顔写真がついていないため、単体で本人確認書類として利用できません。

 

個人番号カードについて

 希望する人に平成28年1月1日から交付される顔写真付のICカードです。取得には申請が必要となり、申請書は通知カードと一体になっているため、切り離して使用します。
 通知カードと同様に、マイナンバー(個人番号)の提出を求められた際に利用できるほか、本人確認書類として利用ができます。 

   ~個人番号カードイメージ~

            (表)                       (裏)

個人番号カード表 イメージ図個人番号カード裏 イメージ図

・個人番号カードには表面に氏名、生年月日、性別、住所、顔写真、有効期限が記載され、裏面にマイナンバー(個人番号)が記載されます。
・ICチップが搭載されており、e‐Taxなどの各種電子申請ができます。
・現在運用されている住民基本台帳カードは、平成27年12月末をもって終了し、平成28年1月1日からは個人番号カードに変わります。ただし、現在住民基本台帳カードをお持ちの方は、有効期限までは利用可能です。住民基本台帳カードは、個人番号カードを交付する際に回収します。(同時に両方のカードを所持することはできません。)
・住民基本台帳カードは作成処理の都合上、申請は平成27年12月4日(金)まで、交付は平成27年12月28日(月)までとなります。

 

                        住民基本台帳カードと個人番号カードの比較

 

住民基本台帳カード

個人番号カード

交付

申請期限は平成27年12月4日(金)まで

交付期限は平成27年12月28日(月)まで

平成28年1月から交付開始

発行手数料

500円

初回発行無料

有効期限

発行日から10年間

発行日から10回目の誕生日まで

※未成年者の場合は5回目の誕生日まで

電子証明書

希望者のみ

有効期限:3年間

標準搭載

有効期限:発行日から5回目の誕生日まで

個人番号カードの申請・交付について

 ◆個人番号カードの申請について
  通知カードが届き次第申請ができます。なお、申請方法は以下の3通りがあります。

郵送で申請

通知カードと一体になっている「個人番号カード交付申請書」を切り離し、署名または捺印し、規定の大きさの写真を添付して返信用封筒で返送します。

スマートフォンで申請

スマートフォンで写真を撮り、所定のサイト上で申請します。

パソコンで申請 デジタルカメラで写真を撮り、所定のサイト上で申請します。

 ※申請は通知カードが届き次第できますが、カードの受け取りは平成28年1月1日以降になります。

 ◆個人番号カードの交付について
  
個人番号カードの交付は、平成28年1月1日以降に開始され、交付準備が整い次第「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書」を役場から送付しますので、役場まで取りに来てください。なお、受け取り時には以下の書類及び4つの暗証番号が必要となります。

 ①通知カード(個人番号カードと交換になります)
 ②個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書
 ③本人確認書類(運転免許証、パスポート等顔写真付のものは1点、健康保険証、年金手帳等顔写真の無いものは2点)
 ④住民基本台帳カード(お持ちの方のみ。個人番号カード受け取りの際、通知カードとともに返却になります)

 

電子証明書について

 マイナンバー制度が始まることに伴い、住民基本台帳カードへの電子証明書の発行・更新等は平成27年12月22日(火)で終了し、平成28年1月からは個人番号カードへ電子証明書の発行・更新等が始まります。なお、現在お持ちの電子証明書は有効期限(発行日から3年間)まで利用できます。

 ◆平成27年分確定申告を電子申告で行う方への注意事項
  ①住民基本台帳カードへの電子証明書の発行・更新等は平成27年12月22日(火)で終了します。お持ちの電子証明書の有効期限をご確認していただき、必要があれば発行・更新手続きを行ってください(電子証明書の更新は有効期限3カ月前から可能です)。
  ②平成28年1月以降に電子証明書を発行・更新等する場合は、個人番号カードで行います。個人番号カードの交付は平成28年1月1日以降、準備ができ次第開始となり、場合によっては確定申告期間中に間に合わない可能性があります。

個人番号カードに格納される電子証明書

 個人番号カードに格納される電子証明書には、「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」の2種類があり、違いは以下のとおりです。

 

 

署名用電子証明書(既存)

利用者証明用電子証明書(新規)

性質

インターネットで電子文書を送信する際などに用いて、文書が改ざんされていないかどうか等を確認することができる仕組み
※15歳未満は発行不可

インターネットを閲覧する際などに用いて、利用者本人であることを証明する仕組み

利用場面

e-Taxの確定申告等

マイナポータル(※)のログイン等

有効期限

発行日から5回目の誕生日または個人番号カードの有効期限のどちらか早い方

発行日から5回目の誕生日または個人番号カードの有効期限のどちらか早い方

※マイナポータル~行政機関がマイナンバー(個人番号)の付いた自分の情報をいつ、どことやりとりしたのか確認できるほか、行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコン等から確認できるものとして整備予定。

 

問い合わせ先

 マイナンバーコールセンター
  電話番号:0570-20-0178(日本語)
         0570-20-0291(英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語対応)
  時間:平日9時30分から17時30分(土日祝日・年末年始除く)

関連リンク先

 政府広報オンライン(マイナンバー特集)http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/
 内閣官房(マイナンバー)http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/
 個人番号カード総合サイトhttps://www.kojinbango-card.go.jp/

このページの情報に関するお問い合わせ先

住民課住民グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2493(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る