ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 届出・証明 > マイナンバーについて

マイナンバーについて

平成28年1月よりマイナンバーの利用が始まりました

 マイナンバーとは平成27年10月5日以降、住民票を有するすべての方(中長期在留者や特別永住者などの外国人も含む)に付番される12桁の番号です。
 個人の情報をマイナンバー(個人番号)で紐づけることで、社会保障・税制度などの効率性・透明性を高め、国民の利便性に繋がります。

 

通知カードについて

通知カードとは

 ・住所・氏名・生年月日・性別・マイナンバーが記載されたもので、行政機関でマイナンバーを求められた際に、ご利用いただけます。            
 ・通知カードは、マイナンバーを通知するためのものであるため、本人確認書類としてご利用いただけませんのでご注意ください。
 ・住所や氏名が変更になる場合は、裏面に券面記載事項を変更いたしますので通知カードをお持ちください。

~通知カードのイメージ~

通知カードの発送について

 中札内村在住の方は、平成27年10月30日より順次発送しております。平成27年10月5日時点の住民票上の住所に、転送不要の簡易書留で世帯主あてに世帯全員分がまとめて送られています。
 お受取りいただけなかった方は住民課住民グループに保管してありますので、窓口にて受取りをお願いいたします。(受取りの際には本人確認書類が必要になります。)
 

通知カードの再発行を希望するとき

 紛失したなどで通知カードを再発行を希望する際は以下の書類を持参の上、住民課住民グループ窓口で手続きをしてください。
 なお、通知カードは窓口で即日交付することはできません。申請後3~4週間後に転送不要の簡易書留でご自宅に送付されます。早急にマイナンバーを確認する必要がある場合は、マイナンバー入りの住民票の写しをあわせて請求してください。

 ①本人確認書類(運転免許証、パスポート等顔写真付のものは1点、健康保険証、年金手帳等顔写真の無いものは2点)
 ②印鑑
 ③再発行手数料 1通につき500円


 マイナンバーカードについて

 ・プラスチック製のICチップ付きカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーのほか、本人の顔写真が表示されます。(希望する方は住民票上の市町村で申請できます。)
 ・通知カードと同様に、行政機関でマイナンバーを求められた際に利用できるほか、本人確認書類として利用ができます。 
 ・住所、氏名が変更になる場合には、券面記載事項を変更いたしますので設定時の暗証番号をご確認の上、マイナンバーカードをお持ちください。
 ・平成29年7月より、マイナンバーカードに格納されている利用者用電子証明書を用いて、マイナポータルで自分の個人情報のやりとりの記録を確認できるようになりました。

   ~マイナンバーカードイメージ~

            (表)                       (裏)

個人番号カード表 イメージ図個人番号カード裏 イメージ図
 

・住民基本台帳カードは、平成27年12月末をもって終了し、平成28年1月1日からはマイナンバーカードに変わります。ただし、現在住民基本台帳カードをお持ちの方は、有効期限までは利用可能です。住民基本台帳カードは、マイナンバーカードを交付する際に回収します。(同時に両方のカードを所持することはできません。)
・住民基本台帳カードの申請は平成27年12月4日(金)をもって終了いたしました。

                        住民基本台帳カードと個人番号カードの比較

 

住民基本台帳カード

マイナンバーカード

交付

申請期限は平成27年12月4日(金)まで

交付期限は平成27年12月28日(月)まで

平成28年1月から交付開始

発行手数料

500円

初回発行無料

有効期限

発行日から10年間

発行日から10回目の誕生日まで

※未成年者の場合は5回目の誕生日まで

電子証明書

有効期限:3年間

有効期限:発行日から5回目の誕生日まで

マイナンバーカードの申請・交付について

 ◆マイナンバーカードの申請について
  通知カードが届き次第申請ができます。なお、申請方法は以下の3通りがあります。

郵送で申請このリンクは別ウィンドウで開きます

通知カードと一体になっている「個人番号カード交付申請書」を切り離し、署名または捺印し、規定の大きさの写真を添付して返信用封筒で返送します。

スマートフォンで申請このリンクは別ウィンドウで開きます

スマートフォンで写真を撮り、所定のサイト上で申請します。

パソコンで申請このリンクは別ウィンドウで開きます デジタルカメラで写真を撮り、所定のサイト上で申請します。

 ※通知カードに記載されている申請書ID及びQRコードは、住所や氏名が変更になった場合使用できなくなります。その際は、新しい申請書を交付いたしますので役場住民課住民グループ窓口までご連絡ください。

 ◆マイナンバーカード交付の流れ

①申請後3~4週間ほどで、マイナンバーカードをお渡しする準備が整った方に対して、交付通知書(案内はがき)をご自宅にお送りします。

②必要な持ち物をお持ちになり、交付通知書(案内はがき)に記載された期限までに住民課住民グループ窓口へ、必ずご本人がお越しください。

③窓口で本人確認の上、暗証番号を設定していただき、カードをお渡しいたします。

 ◆必要な持ち物

 ①通知カード(個人番号カードと交換になります)
 ②交付通知書(案内はがき)
 ③本人確認書類(運転免許証、パスポート等顔写真付のものは1点、健康保険証、年金手帳等顔写真の無いものは2点)
 ④住民基本台帳カード(お持ちの方のみ。個人番号カード受け取りの際、通知カードとともに返却になります)

個人番号カードに格納される電子証明書

 個人番号カードに格納される電子証明書には、「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」の2種類があり、違いは以下のとおりです。

 

署名用電子証明書(既存)

利用者証明用電子証明書(新規)

性質

インターネットで電子文書を送信する際などに用いて、文書が改ざんされていないかどうか等を確認することができる仕組み
※15歳未満は発行不可

インターネットを閲覧する際などに用いて、利用者本人であることを証明する仕組み

利用場面

e-Taxの確定申告等

マイナポータル(※)のログイン等

有効期限

発行日から5回目の誕生日または個人番号カードの有効期限のどちらか早い方

発行日から5回目の誕生日または個人番号カードの有効期限のどちらか早い方

 

マイナポータルについて

 マイナポータルとは

 マイナポータルとは、行政機関がマイナンバーのついた自分の情報をいつ、どこでやり取りしたのかが確認できるほか、行政機関から自分に対してのお知らせなどを確認できる国民一人ひとりの専用サイトです。

マイナポータルをご利用いただくには

マイナポータルを利用するためには、以下のものが必要になります。
 ○マイナンバーカード   ○カードリーダー   ○パソコン

 パソコンやICカードリーダーをお持ちでない方は、住民課住民グループ窓口に端末を設置しておりますので、マイナンバーカードをご持参の上ご利用ください。 

このリンクは別ウィンドウで開きます

 

問い合わせ先
 

 〔マイナンバー総合フリーダイアル〕
   電話番号:0120-95-0178 (日本語)
          0120-0178-27 (英語・中国語・韓国簿・スペイン語・ポルトガル語)
   平日 9:30~20:00  土日祝日(年末年始除く)9:30~17:30
   ※マイナンバーカードの紛失・盗難によるカードの一時利用停止については24時間対応



  関連リンク先

 政府広報オンライン(マイナンバー特集)http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/
 内閣官房(マイナンバー)http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/
 個人番号カード総合サイトhttps://www.kojinbango-card.go.jp/

このページの情報に関するお問い合わせ先

住民課住民グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2493(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る