ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税について

軽自動車税について

1.賦課期日

 軽自動車税は、毎年4月1日現在の所有または使用している方に賦課(課税)します。
 この日を賦課基準日といい、賦課基準日の翌日以降に取得した場合は翌年度から賦課します。
また、賦課基準日以降に廃車や譲渡の手続をしても、普通自動車のように月割り還付はありませんので、
必要な年税額に変更はありません。

 

2.軽自動車税の種類と税額など ~税率が変わっています~

 軽自動車(3輪・4輪)の新税率について

 3輪、4輪の軽自動車税率が平成27年度から変わっています。これについては経過措置が有り、
初度検査を受けた年月により旧税率
新税率に分かれます。(下表※3参照

 2輪車・小型特殊自動車の新税率について

 原動機付自転車・小型特殊自動車・2輪の軽自動車(トレーラー含む)・2輪の小型自動車には、年式による経過
措置はありません。平成28年度より新税率が適用されています。 

種   類 年税率(単位:円)
旧税率 税 率
原動機付
自転車
(125cc以下)
第1種
総排気量50cc以下、
定格出力0.6kw以下
2,000
第2種 乙
総排気量90cc以下、
定格出力0.8kw以下
2,000
第2種 乙
総排気量125cc以下、
定格出力1kw以下
2,400
ミニカー※1 3,700
小型特殊
自動車
農耕作業用(トラクターなど) 2,000
その他(フォークリフト、
ミニホイルローダーなど)
5,900
軽自動車 2輪車
・総排気量250cc以下のオートバイ
・軽規格フルトレーラー
3,600
3輪車
・総排気量660cc以下※2
3,100 3,900
※3
4輪車
・排気量660cc以下
乗 用 営業用 5,500 6,900
※3
自家用 7,200 10,800
※3
貨 物 営業用 3,000 3,800
※3
自家用 4,000 5,000
※3
2輪の
小型自動車
総排気量が250ccを超えるもの 4,000 6,000

※1 ミニカーとは、総排気量が20ccを超え50cc以下、定格出力0.25kwを超え0.60kw以下の車で、
    以下のいずれかを満たす車です。
     ・左右の車輪の距離が0.5メートルを超える3輪以上の車
     ・左右の車輪の距離が0.5メートル以下で、車室を備えた4輪以上の車
     ・左右の車輪の距離が0.5メートル以下で、側面が構造上開放されていない車室を備えた
      (=オープンルーフ)ドアを持つ3輪以上の車
    注意:50cc以上のATⅤなどの4輪バギー、カートにはナンバーは交付できません。

※2 側車付オートバイ及び、トライク等の3輪車は含みません。
    これらは総排気量に応じた2輪車の税率になります。

※3 平成27年4月1日以降に初度検査(その車両に初めてナンバーが交付される検査)を受けた
    車両から適用します。
    (4月2日~3月31日の間に初度検査を受けた場合、検査年度の翌年度から賦課されます。)
    なお、
平成27年3月31日までに初度検査を受けた車両は旧税率のままとなります。

 

3.軽自動車を廃車や譲渡した場合は手続き・申告をお忘れなく!

 廃車した場合や、住所や名義の変更があった場合は必ず軽自動車税の異動申告を行ってください。
申告により賦課の判断をしますので、例えば車検が切れて使用していない状態でも、廃車手続きをしないと
軽自動車税が賦課されます。そのまま放置せずに廃車手続きを行ってください。
 また、小型特殊自動車、原動機付自転車は譲渡や廃棄が容易なため申告を忘れる事があります。
廃車や譲渡年月日を証明することが難しく、遡及更正ができないため、廃車後も税金を納めていた
ケースもあります。
 廃車、譲渡、転居等があった場合は、忘れずに申告を行ってください。

種  類 窓  口 住  所
原動機付自転車
小型特殊自動車
住民課税務出納グループ
(転出の場合は、転出先の市区町村窓口)
中札内村大通南2丁目3番地
0155-67-2492
軽自動車 全国軽自動車協会連合会帯広事務所
(転出の場合は、転出先を管轄する事務所)
帯広市西19条北1丁目8番地3
050-3816-1768
2輪の小型自動車 北海道運輸局帯広運輸支局
(転出の場合は、転出先を管轄する運輸支局)
帯広市西19条北1丁目8番地4
050-5540-2006

※申告の際は、異動事由により必要な書類、手数料が異なります。事前に各窓口にご確認のうえ手続してください。

※軽自動車、2輪の小型自動車は、自動車販売店、自動車修理工場等で代行している場合があります。
 代行手数料は各店におたずねください。

道外で変更手続き等を行った場合、申告書が回付されない場合があります。手続き時にご確認ください。
  また、このような場合は中札内村役場にご連絡をお願いします。

 

4.軽自動車税の軽減措置があります。

  身体等に障がいのある方のために使用する軽自動車で、歩行が困難など一定の要件に該当する場合、
申請により軽自動車税の軽減を行っています。
 軽減が適用されるのは、障がいのある方一人に対し、普通自動車を含め1台となります。
一人の障がいのある方に対し、既に普通車の軽減を受けている場合は適用されません。


〇 身体等に障がいがある方が所有する軽自動車
  (身体等に障がいがあり年齢18歳未満の方または精神に障がいがある方と生計を一にする方が所有する軽自動車を含みます)
〇 身体等に障がいがある方の為に、その方と生計を一にする方が所有する軽自動車
〇 身体等に障がいがある方のみで構成される世帯の、その方を常時介護される方が運転するもののうち、村長が必要と認める軽自動車
〇 専ら身体等に障がいがある方の利用に供する構造を備えた軽自動車


※軽自動車税の減免は、納期限の7日前までに申請が必要です。
  自動継続はされませんので、毎年申請してください。
※軽減を受ける場合、障がいの等級、適用範囲、必要書類が異なりますので、詳しくはおたずねください。




5.重課税率について ~初度検査後13年を過ぎた軽自動車が対象です~

 平成28年度よりグリーン化税制の一環で、初度検査から13年以上経過した3輪、4輪の軽自動車には環境負荷
が大きくなるとして、重課税率(概ね20
%)が適用されています。
対象となる軽自動車は、初度検査を受けた年月から13年以上経過した3輪及び4輪以上の軽自動車です。
(14年目の最初の月で判断し、重課税率適用年度が決まります)

例1 : 14年目の最初の月が、5月~3月の場合は「次の年度」から重課税率を適用します。
     (初度検査の月が5月~3月の軽自動車)
例2 : 14年目の最初の月が、
4月の場合は「当該年度」から重課税率を適用します。
     (初度検査の月が4月の軽自動車)


〇 初度検査とは、製造後に初めてナンバーを交付する時に行う検査です。
   中古車を購入した時の年月や、一時使用を休止した後の再検査年月等ではありません。ご注意ください。
〇 軽自動車検査証(車検証)交付年月日は、初度検査年月ではありません。(新車交付時除く)
〇 平成15年10月14日以前に初度検査を受けた車両は月の記載が無い場合があります。
  この場合は、初度検査を受けた年の12月として取り扱います。
  (例:初度検査年月の記載が平成15年-月になっている場合は平成15年12月として取り扱います)

以下の車両は重課税率が適用されません

〇 軽規格フルトレーラー
〇 原動機付自転車(総排気量125cc以下の各種で、側車付、トライク含む)
〇 2輪の軽自動車(総排気量250cc以下で、側車付、トライク含む)
〇 2輪の小型自動車(総排気量250ccを超え、側車付、トライク含む)
〇 小型特殊自動車(農耕用、その他)
〇 ミニカー

 


 


 

このページの情報に関するお問い合わせ先

住民課税務出納グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2492(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る