ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 国民健康保険税 > 国民健康保険税について

国民健康保険税について

Ⅰ.国民健康保険とは

 わが国は国民皆保険制度を採用しており、すべての国民が何らかの医療保険制度に加入しなくてはなりません。したがって、職場の健康保険に加入している方とその扶養家族、また生活保護を受けている方以外は、国民健康保険(国保)に加入しなくてはなりません。
 国保は、加入者(被保険者)が納める保険税と、国や都道府県の補助金などをもとに、村が運営しています。

Ⅱ.国民健康保険税とは

1.納税義務者は世帯主です。

 国保は世帯単位で加入します。国保税の金額は、世帯ごとに計算し、収入や人数等に応じて算定します。
・所得割・・・加入者の所得により計算されます。
・均等割・・・加入者1人あたり
・平等割・・・1世帯あたり
また、国保税は、以下の内訳から成り立っていて、所得割、均等割、平等割それぞれで計算し合算した額になります。
1.基礎課税額分(医療費分)
2.後期高齢者支援金等課税額分
3.介護納付金課税額分
 このうち、1と2については0歳から74歳(生まれた日の属する月~75歳に達する日(誕生日の前日)の属する月の前月まで)の方、
3については40歳から64歳(40歳に達する日(誕生日の前日)の属する月~65歳に達する日(誕生日の前日)の属する月の前月まで)の方が
介護保険第2号被保険者として課税されます。
 国保税は世帯主を納税義務者として課税します。したがって世帯主が社会保険等に加入していて、国保の被保険者でない場合であっても、家族のどなたかが国保に加入していれば、世帯主に納税義務が課されます。
この場合の世帯主を「擬制世帯主」といいます。

2.賦課期日と課税計算

 国保税の賦課期日は、その年度(4月1日~3月31日)の4月1日です。国保税は、被保険者の資格が発生した月の分から納めなければなりません。
 賦課期日後に納税義務者の発生や消滅、世帯内に被保険者の異動(出生・死亡・転入・転出・他保険加入・他保険離脱等)があった場合は、月割で再計算し税額が増減します。

例)10月に国保に加入した場合⇒加入した月の分から保険税を納めます。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
加入
11月 12月 1月 2月 3月

※年税額の12分の6を納めます。


例)11月に国保を脱退した場合⇒脱退した月の前月分までの保険税を納めます。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
脱退
12月 1月 2月 3月

※年税額の12分の7を納めます。

3.加入・脱退の届出

 国保税は国保の資格が発生した月から課税されており、加入の届出が遅れた場合でも、その分は遡って課税されます。
また、職場の健康保険に加入したときやその被扶養者になったときなどに、国保脱退の届出が遅れると、国保税と健康保険料が二重にかかったり、その間に国保で負担した分の医療費を返していただくことになる場合がありますので、国保の加入・脱退の手続きは異動事由が発生した日から14日以内に住民課窓口でお済ませください。
※国保の脱退・加入届出は職場を通じてできません。職場は国保の取扱ができませんので、必ず「役場住民課窓口」にお越しのうえ届出をしてください。

Ⅲ.減額制度

 世帯主(国保の被保険者でない世帯主を含む)と国保に加入している方全員の昨年中の所得に応じ、均等割と平等割が減額(軽減)されます。
減額には、7割、5割、2割の軽減があります。

・7割軽減
  世帯主とその世帯の被保険者の所得の合計額が、「330,000 円」以下であるとき。

・5割軽減
  世帯主とその世帯の被保険者の所得の合計額が、「330,000 円 + (被保険者数 X 265,000 円)」 以下であるとき。

・2割軽減
  世帯主とその世帯の被保険者の所得の合計額が、「330,000 円 + (被保険者数 X 480,000 円)」 以下であるとき。

Ⅳ.非自発的失業者の軽減制度 (申請書の提出が必要です)

会社の都合による解雇など、自分の意思によらないで失業してしまった場合などに、
その方の前年所得を100分の30に減じて所得割を計算し、国保税を軽減する制度です。
この制度を利用するには申請が必要です。

申請に必要なもの

申請に必要な条件(軽減対象離職コード)

雇用保険受給者資格者証に記載されている離職理由コードが次の9個の番号の内いずれかに該当すること。
(下記コード以外は軽減対象になりません)

特定受給資格者 11 ・ 12 ・ 21 ・ 22 ・ 31 ・ 32
特定理由離職者 23 ・ 33 ・ 34

軽減期間は離職日の翌日を含む年度と、その翌年度の2ヶ年度です。詳しくはお尋ねください。

Ⅴ.国民健康保険税の税率について

国保税の内訳は以下のとおりです

・所得割の計算は、「各被保険者の所得額 - 330,000 円」(マイナスになる場合は0 円)に割合を乗じます。

○医療分  課税限度額 540,000 円

所得割 均等割 (1人当たり) 平等割 (1世帯当たり)
4.10 % 22,000 円 26,500 円

○支援分  課税限度額 190,000 円

所得割 均等割 (1人当たり) 平等割 (1世帯当たり)
1.45 % 6,000 円 8,000 円

○介護分  課税限度額 160,000 円 賦課年齢は40才~64才まで。平等割はありません。

所得割 均等割 (1人当たり)
0.60 % 12,000 円

2.医療費を節約しましょう

国保は、被保険者の皆様が病気やけがのときに安心して治療を受けることができるようにするための大切な制度です。医療費がこのまま増え続けると、国保税率も引き上げざるを得ず、皆さんの負担が大きくなってしまいます。また、国保制度そのものを運営するのが困難になってしまいます。
そうならないためにも、日ごろから健康に注意し、医療費の節約に心がけましょう。

<医療費を有効に使うための5か条>
①重複受診は控えましょう。
 同じ医療や検査のくり返しは、医療費の無駄につながります。
②急病の場合を除き、時間外受診はできるだけ避けましょう。
 時間外は割増料金がかかってしまいます。
③かかりつけのお医者さんを持ちましょう。
 持病や体質などを把握してくれるので、治療の効果も上がります。
④薬をたくさんもらうのはやめましょう。
 余分な薬は医療費の無駄になるだけでなく、体に負担をかけることにもなります。適切に処方してもらいましょう。
⑤定期的に健康診断を受けましょう。
 病気の早期発見・早期治療のためにも健康診断を受けましょう。健康になれば医療費はかかりません!

このページの情報に関するお問い合わせ先

住民課税務出納グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2492(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る