ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税について

固定資産税について

 固定資産税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人が、その固定資産の価格を基に算定される税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

固定資産税を納める人(納税義務者)

 固定資産税を納める人は、原則として固定資産の所有者です。ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在で、その土地、家屋を現に所有している人が納税義務者となります。

税額の算定のあらまし

固定資産税は次のような手順で税額が決定されます。

Ⅰ.固定資産を評価し、価格を決定し、その価格をもとに課税標準額を算定します。

 固定資産税の土地と家屋の評価額は、3年に1度評価替えが行われます。
固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行われ、市町村長がその価格を決定し、この価格をもとに課税標準額を算定します。このようにして決定された価格や課税標準額は、固定資産課税台帳に登録され、縦覧又は閲覧に供されます。

固定資産税の帳簿の縦覧

 固定資産台帳に登録されている価格等は固定資産税の課税の基礎となるため、これを毎年、4月1日から第1期納期限の日まで、関係者にご覧いただいております。(詳しくはこちら

Ⅱ.課税標準額 × 税率 = 税額となります。

課税標準額

 原則として、固定資産課税台帳に登録された価格が課税標準額となります。ただし、課税標準の特例措置が適用される場合や、土地について税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は価格よりも低く算定されます。

 課税標準額 = 土地 + 家屋 + 償却資産
 ※課税標準額の計算方法は、それぞれ決められております。

 税 率

 中札内村の固定資産税の税率は、1.4/100です。

免 税 点

 市町村の区域内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。

土地 30万円
家屋 20万円
償却資産 150万円

Ⅲ.税額等を記載した納税通知書を納税者あてに通知します。

 固定資産税は原則、納税通知書によって市町村から納税者に対し税額が通知され、中札内村の場合、4期に分けて納税していただくことになります。

納税通知書の郵送時期

 毎年6月上旬

このページの情報に関するお問い合わせ先

住民課税務出納グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2492(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る