ナビゲーションを飛ばす

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 固定資産税 > 住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置

住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置

住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置について

住宅の省エネ化を促進するため、平成20年4月1日から平成28年3月31日までの間に、一定の省エネ改修工事を行った既存の住宅に対して、翌年度分の固定資産税額から1/3を減額する制度ができました。(120㎡分まで)

1.対象となる家屋

平成20年1月1日以前から存在していた住宅(賃貸住宅を除く)

2.対象となる改修工事

平成20年4月1日から平成28年3月31日までの間に行った改修工事で、

※人の居住の用に供する部分の床面積が2分の1以上であること。
※賃貸住宅は対象になりません。
※バリアフリー改修と省エネ改修を同年に行った場合は、それぞれ税額の1/3を減額し、合わせて2/3を翌年度の固定資産税から減額します。

3.減額期間及び減額する額

工事が完了した年の翌年度分の固定資産税を1/3減額
 (対象床面積は120㎡までを限度とします。)

4.減額を受けるための手続

改修工事完了後3ヶ月以内に、必要書類を添付して「省エネ改修住宅固定資産税減額申告書」を提出してください。
※添付書類

関連書類のダウンロード ※クリックするとダウンロードできます。

このページの情報に関するお問い合わせ先

住民課税務出納グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2492(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る