ナビゲーションを飛ばす

ホーム > 村政情報 > 行政 > 情報公開・個人情報保護 > 情報公開制度・個人情報保護制度

情報公開制度・個人情報保護制度

1.情報公開制度

1)情報公開条例とは

村が所有している情報を村民の皆さんと共有し、共にまちづくりを進めるため、村に住民の皆さんへ情報の提供を義務付けるとともに、情報の開示を求める村民の権利を明らかにしたものです。

2)どなたでも請求できます

国籍・人種・年齢を問わずどなたでも請求できます。

3)対象となる公文書は

原則として平成13年4月1日以降に作成・取得した文書ですが、請求があればそれ以前の文書でも開示することができるものは開示します。

4)開示することができない情報があります

下記のものについては、請求があっても開示することができません。

  1. 個人に関する情報で、特定の個人が見分けられるもの
  2. 事業者に不利益を与えると認められる情報
  3. 村の内部又は国や他の自治体との事務作業(検討・協議など)に著しく支障が生じる情報
  4. 村が行う事務や事業に関する情報で開示すると著しい支障が生じるおそれのある情報
  5. 村の執行機関の附属機関などの機関が規則等又は議決により開示しない旨を定めた情報
  6. 村と国等との協力関係や信頼関係を損なうおそれのあるもの
  7. 人の生命、身体又は財産の保護、その他公共の安全と秩序の維持に支障が生じるおそれのある情報
  8. 法令等で公にすることができない情報
  9. 公にしないことを条件として提供された情報

2.個人情報保護制度

1)個人情報保護条例とは

村が所有している個人情報の開示及び訂正等を請求する住民の権利を明らかにし、個人の権利利益の保護及び基本的人権の擁護に資することを目的としています。

2)個人情報とは

氏名、住所、生年月日、財産など個人に関する情報で、特定の個人が識別され、又は識別され得るものです。

3)請求できる人

誰でも村の所有している自分の個人情報の開示を請求できます。また、未成年者又は成年被後見人の法定代理人などが本人に代わって請求することもできます。

4)請求できる内容

自己の個人情報について開示・訂正・削除又は追加の請求をすることができます。

5)本人でも開示することができない情報があります

法令等の定めにより開示できない情報や情報公開制度と同じような理由で開示することにより村の行政の公平性又は円滑な運営等に支障が生じるおそれがある情報などは本人又は法定代理人でも開示することはできません。

3.両制度の共通の事項

1)請求方法は

役場庁舎1階情報コーナーに備えてある開示請求書に必要事項を記入し、該当する部局に提出していただきます。(所定の請求書であればFAXでも構いませんが、電話や口頭での請求は受付しません。)

2)開示の決定は

原則として請求書を受理した日の翌日から14日以内に文書でお知らせしますが、やむを得ない理由がある場合は延長することがあります。

3)費用は

閲覧及び視聴は無料です。写しの交付を希望される場合は、1枚10円、カラーコピーは1枚100円その他特殊な写しの作成や郵送に費用を要した場合は、実費負担していただきます。

4)不服申し立てすることができます

開示・非開示の決定に不服がある場合は、行政不服審査法に基づいて不服申し立てをすることができます。
提出された不服申立書に基づいて、中札内村情報公開・個人情報保護審査会に審査を求め、その答申を尊重して申し立てに応ずるかどうか決定します。

関連書類のダウンロード ※クリックするとダウンロードできます。

このページの情報に関するお問い合わせ先

総務課総務グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2311
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る