ナビゲーションを飛ばす

ホーム > 村政情報 > まちづくり > ふるさとづくり事業 > ふるさとづくり事業

ふるさとづくり事業

ふるさとづくり事業

応援します!あなたのまちづくり

村では、住民の皆さんが自主的に実施するさまざまなまちづくり事業に対して、側面から応援することを目的に助成制度「ふるさとづくり事業」を行っています。助成内容は次のとおりとなっていますので、皆さんの積極的なご利用をお待ちしています。

項目 支援する事業の対象 助成基準 必要事項等
むらおこし事業 個人、団体が行う実践事業で、むらづくりに有益と認められる事業
(例)
・地域活性化のため、子どもからお年寄りまでみんなが楽しめる地域イベントを行いたい。
・小麦畑の中でコンサートをして、消費拡大と村のイメージアップを図りたい。
事業費の2分の1以内とし、限度額は50万円とします 同一事業の継続は3年までとします
講習・
講演会開催事業
個人・団体が主催して行う講習会・講演会
(例)
・地場産業振興や農産物の付加価値向上のため、研修会や料理講習会を開催したい。
講師への謝礼金等の2分の1以内とし、限度額は25万円とします むらづくりに有益と認められる講習会・講演会の講師謝礼金等に対する助成とします
イメージアップ
推進事業
個人・団体等が行うピ-タンマークを活用し、村のイメージアップを推進しようとする事業
(例)
・商品等の包装紙や容器にピータンマークを入れ、中札内村のPRをしたい。
シンボルマークの印刷代等に要する経費の3分の1以内とし、限度額は20万円とします ピータンマークを活用した印刷部分に係る経費とします
同一事業に対し、1回限りの助成とします。
環境整備・
景観形成事業
(芝生・植栽)
個人・団体等が行う環境整備・景観形成
(例)
・行政区の公園に桜や白樺を植栽したい。
・会社の敷地を芝生で緑化したい。
原材料費(苗木代、芝種子代)の2分の1以内とし、限度額は30万円とします 芝生:道路に面し、或いは道路等から見ることができる場所に計画された景観形成上優れた事業と認められるもので、おおむね1千~3千㎡とします
植栽:遮蔽、並木、屋敷林等に該当する植栽で、1本あたりの助成限度額は2千円とします
環境整備・
景観形成事業
(ファームサイン)
イメージアップを推進するために設置する看板(ファームサイン等)の作成事業 看板作成費の2分の1以内とし、1基あたりの限度額は5万円とします 看板の作成については、行政区等で行うものを対象とします。設置後、15年以上経過した看板については、村の基準(大きさ、色彩等)を満たすものに限り、更新も対象とします。
環境整備・
景観形成事業
(地域がつくる農村景観事業)
地域が主体的に取り組む環境整備・景観形成事業(モデル地区を指定し、原則3年間実施します)
(例)
・住宅周辺の環境整備
・屋敷林の植栽や耕地防風林の整備
・敷地内の樹木の育成や保護
・花による景観づくりや緑化
・河川の草刈及び清掃
・沿道の草刈
苗木代、花苗代、燃料代などに対し、各年度30万円 計画立案のための相談もお受けしていますので、モデル地区として景観形成事業を進めたいとお考えの行政区はお申し込みください。
まちづくり
提案事業
行政区が自主的に企画・立案した事業
(例)
「○○区 高齢者の安心と安全づくり事業」
・健康相談会の開催
・買い物や通院の手助け
・消費生活相談員による学習会
・除雪支援
「○○区 子どもの健全育成計画」
・伝承遊びを通じた交流
・登校、下校時の見守り
・児童公園の官営
経費の10割以内とし、1事業計画につき限度額は30万円とします。 メニューは限定していません。
計画立案のための相談もお受けしていますので、行政区独自の取り組みをご検討ください。
人材育成事業 むらづくりに有益と認められる研修会等への参加や自主的に企画した研修事業
(例)
・花づくりに関する研修会へ参加したい。
・まちづくりに関する研修会へ参加したい。
旅費の2分の1以内とし、一人あたりの限度額は、国内10万円、国外30万円とします 研修内容は公表します

関連書類のダウンロード ※クリックするとダウンロードできます。

このページの情報に関するお問い合わせ先

総務課企画財政グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2491(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る