ナビゲーションを飛ばす

ホーム > 村政情報 > 村長室へようこそ > 村長コラム:流行語から振り返る2018(平成30年12月)

村長コラム:流行語から振り返る2018(平成30年12月)

No.1 あおり運転 No.16 災害級の暑さ
No.2 悪質タックル No.17 時短ハラスメント
No.3 eスポーツ No.18 首相案件
No.4 半端ないって No.19 翔タイム
No.5 おっさんずラブ No.20 スーパーボランティア
No.6 GAFA No.21 そだねー
No.7 仮想通貨/ダークウェブ No.22 ダサかっこいい/USA
No.8 金足農旋風 No.23 TikTok
No.9 カメ止め No.24 なおみ節
No.10 君たちはどう生きるか No.25 奈良判定
No.11 筋肉は裏切らない No.26 ひょっこりはん
No.12 グレイヘア No.27 ブラックアウト
No.13 計画運休 No.28 ボーっと生きてんじゃねえよ!
No.14 高プロ No.29 #MeToo
No.15 ご飯論法 No.30 もぐもぐタイム

新語・流行語大賞のノミネート語。今年もいろいろありました。

2018年も残すところ1カ月。12月3日に大賞発表となるノミネートされた新語・流行語を眺め、この一年を振り返ってみます。

まず思い出されるのが「そだねー」「もぐもぐタイム」の言葉が脚光を浴びた平昌五輪。中札内村からもスピードスケートに押切美沙紀さんが2大会連続の出場を果たしたほか、元五輪選手の石澤志穂さんは小平奈緒さんを縁の下で支え、メダル獲得に貢献しました。開村70周年を記念し、本村では中学生6人を現地派遣して感動を共有しました。

災害関連では今年も2つが候補入り。一つは、40度超えの猛暑が続き、気象庁の緊急会見で話題となった「災害級の暑さ」。国は全国の公立小・中学校へのエアコン設置を決めました。もう一つは発生から約3カ月、まだ記憶に新しい「ブラックアウト」。本村を含む北海道全域が停電となり、便利さの裏に潜むリスクと日ごろの備えの大切さを学びました。

市場を席巻するIT企業(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の頭文字を取った「GAFA」、若者に人気の動画共有コミュニティ「T
ikTok」など、情報化社会を象徴する言葉が入るのも近年の傾向。本村の魅力を発信する技術の向上、激動する社会情勢に対応する情
報収集の重要性について、私も年頭から繰り返し訴えたことが思い出されます。

白髪を美しくとらえる「グレイヘア」からは、人生100年時代の広がりと多様化社会の進展が伺えます。本村では「七色献立プロジェクト」「まる元」「介護カフェ」など健康寿命の延伸に注力し、文化活動活性化に向けて音楽のマチづくりを推進しました。多くの方が参画してくださり、心から感謝します。

中札内村にとっての流行語大賞は「日本で最も美しい村」でしょうか? 住民の皆さんに少しでも前進したと感じていただけたなら、これほどうれしいことはありません。ただの流行に終わらせないよう努力します。

このページの情報に関するお問い合わせ先

総務課企画財政グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2311(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る