ナビゲーションを飛ばす

ホーム > 村政情報 > 村長室へようこそ > 平成31年仕事始め式訓示(平成31年1月7日)

平成31年仕事始め式訓示(平成31年1月7日)

2019未来新聞

「未来新聞」

皆さん、新年あけましておめでとうございます。とても穏やかな天候に恵まれた年末年始で、職員の皆さんも十分に英気を養えたのではないかと思います。今年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2019年、中札内村のまちづくりの柱となるのは「日本で最も美しい村」の実現です。そして、この太い幹を彩る枝となるのが、日本一健康な村の実現であり、日本で最も文化の香りあふれる村の実現になります。「美しい村」づくりは、ただの田舎との明確な差別化で、観光振興に直結します。幸せな超高齢化の実現には健康長寿の延伸と文化振興が不可欠な要素であり、健康で文化的なまちづくりは「美しい村」としての魅力をさらに向上させることになります。世界的にも、地球環境の維持と人生100年時代といわれる超高齢化社会をいかに豊かに生きるかが大きなトレンドとなっており、本村の取り組みはその流れに合致しているといえます。

美しく、健康で、文化的な村づくりにおいて、中札内は大きなアドバンテージを持っています。この3つで胸を張れる成果を出せれば、住民の皆さんに笑顔が広がり、この村の住民であることを誇りに感じてくれると確信します。

そして、美しく、健康で、文化的な村づくりについて、具体的なイメージを持っていただき、しっかり目標を共有しようと思い、「未来新聞」を配らせていただきました。これは一つの仕事の例に過ぎず、ほかにも色々な取り組みができると思います。ただ、ここに掲げた一例だけを取り上げても、一つの部署の職員だけが頑張っても実現は難しいです。さらに、多くの住民の皆さんに関わっていただく必要があります。まさに、中札内村のまちづくりの在り方が問われているといえます。

100の力を持っている人がたった一人で頑張っても、その輪はあまり広がりません。1の力しか持っていない人でも、それが100人の集団になれば単純な足し算ではなく、非常に大きな力となります。

囚人のジレンマから脱却し、自分の利益だけを追求するのではなく、全体の利益を追求する。その種火は昨年一年間で灯せたと感じています。これを大きな炎とできるかどうか。僕は、とても楽しみにしています。

今年の干支は己亥(つちのとい)といって、大きな飛躍に備える年だそうです。東京オリンピックの開催される2020年は、様々な先端技術も導入されて、大きな社会的転換点となります。ここを万全の態勢で迎えるためにも、今年一年は非常に重要な年となります。美しく、健康で、文化的な村づくりに、ともに全力を尽くしましょう。

このページの情報に関するお問い合わせ先

総務課企画財政グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2311(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る