ナビゲーションを飛ばす

ホーム > 村政情報 > 村長室へようこそ > 村長コラム:新元号を追い風に(令和元年5月)

村長コラム:新元号を追い風に(令和元年5月)

日高山脈

母なる秀峰・ポロシリ岳のごとく、美しくて雄大な心持ちで中札内村が包まれますように

「平成」が幕を閉じました。
この30余年は日本にとって戦争のない平和な時代ではありましたが、世界のグローバル化という新たな〝戦い〟に突入した時代でもありました。市場経済拡大と情報技術革命は世の中を豊かに、とても便利にした反面、利己的で不寛容な人も多く生み出しました。


誰かに頼りづらい社会。人生100年時代を生きるには、何とも心もとない話です。そして、これは人口減少と少子高齢化の進みの早い地方ほど深刻度の高い問題と言えます。現状は打破できないのでしょうか。私は「人は変われる」と確信します。そのためには、まず自らが変わること。自分の意思で行動し、寛容な心持ちで支え合える社会へ。自分の歩幅で一歩を踏み出してほしいのです。

 

NHK連続テレビ小説「なつぞら」(第4話)に印象的な場面がありました。頑固じいさん柴田泰樹(草刈政雄)がヒロイン奥原なつ(粟野咲莉)に語りかけたセリフ。「ちゃんと働けば必ずいつかは報われる日が来る。(中略)人は人をあてにする者を助けたりはせん。逆に自分の力を信じて働いていればきっと誰かが助けてくれるもんじゃ」。多くの視聴者の感動を呼びましたが、私には利己的で他人本願志向な現代の風潮を戒める、マチづくりの本質を突いた言葉に感じられました。

 

さあ「令和」の幕開けです。
新元号は「美しい調和」の意で、「人々が美しく心寄せ合う中で文化が生まれ育つ」との思いが込められています。「日本で最も美しく・健康で・文化的な村」を目指す本村にとって力強い追い風です。人任せにせず、自らの意思でマチづくりに関わる令和元年としたいものです。

このページの情報に関するお問い合わせ先

総務課企画財政グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2311(直通)
FAX番号:0155-68-3911

開催日:
〇月〇日

更新情報

先頭へ戻る