ナビゲーションを飛ばす

ホーム > 特別なお知らせ > 中札内村地域おこし協力隊「観光振興推進員」を募集

中札内村地域おこし協力隊「観光振興推進員」を募集

地域おこし協力隊【中札内村振興推進員】を募集します。

業務概要

中札内村の観光振興に係る業務

①村内の各種観光イベント開催の支援・協力

②中札内村観光協会と連携し、観光振興事業の企画・運営

③日高山脈国定公園の国立公園化を目指したPR事業

④その他観光振興につながる業務  など

募集対象

①年齢は問いませんが、社会人経験が3年以上の方

②応募時点で、三大都市圏内の都市地域、三大都市圏内の一部条件不利地域、または政令指定都市に在住し、任用後に中札内村に住民票を異動し、居住できる方。

③普通自動車運転免許を有している方

④高校卒業程度の学力を有し、パソコン(ワード、エクセル、パワーポイントなど)の一般的な操作ができる方

⑤観光振興や自然環境(北海道十勝の自然)に興味があり、その魅力向上に意欲のある方

⑥地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方

※3大都市圏:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県

募集人員

若干名

勤務地

中札内村(勤務場所:中札内村観光協会)

勤務時間・休暇など

①週35時間以内の勤務(基本的な勤務時間は午前8時30分から午後5時15分)。

※勤務日及び勤務時間は、採用時に相談のうえ決定することになります。

②法に基づき、法定勤務時間を超えるような場合や、勤務時間が午後10時から午前5時に係る場合、また、休日としていた日に勤務することとなった場合などには、時間外勤務手当や休日勤務手当などの割増賃金を支払うものとします。

③有給休暇制度あり(1年目10日)

雇用形態

地方公務員法第22条の2第1項第1号に規定するパートタイム会計年度任用職員として任用。

地方公務員法の適用を受けるため、「職務専念義務」、「信用失墜行為の禁止」等の服務規程が適用されます。なお、「営利企業従事等の制限(兼業禁止)」については、事前に村の許可を受けていただきます。

雇用期間

令和3年4月1日から令和4年3月31日

※ただし、勤務成績が良好と判断される場合、最長3年まで再度任用します。

※隊員として相応しくないと判断した場合は、任用期間中であってもその職を解く場合があります。

給与・賃金など

月額164,600円から(社会保険料の自己負担分は控除されます)

※前職歴等を考慮して給与等は決定することになります。

待遇・福利厚生

①社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)が適用されます。(自己負担あり)

②住宅は、村が用意する住宅に入居します。賃貸料は村が負担します。

③転居費、水光熱費、通信費など日常生活に係る費用は自己負担となります。

④業務で使用する車両と燃料は村(村観光協会含む)が用意しますが、日常生活で車両が必要な場合は個人でご用意ください。

申込受付期間

令和2年10月30日(金)必着

選考方法

エントリーシートに必要事項を記載、顔写真貼付けの上、下記の提出先まで持参もしくは郵送してください。エントリーシートはWord形式ですので、そのままパソコンで入力いただいて構いませんが、氏名欄についてはプリントアウト後、必ず直筆でご記入いただきますようお願いします。顔写真については、データを貼りつけたものをカラー印刷されても構いません。

①一次選考(書類審査) 11月上旬

書類選考のうえ、11月10日(予定)頃に選考結果を応募者全員に文書で通知します。

②二次選考(面接) 11月下旬

一次選考合格者を対象に中札内村で面接を行います。(11月22日(日)頃を予定)詳細は別途お知らせいたします。なお、本村までの旅費は下記のとおり支給します。

最終選考(二次選考)終了後、1週間以内に合否をお知らせいたします。

選考に係る交通費の支給

二次選考(面接)に係る公共交通機関の交通費を全額支給します。

※二次選考のために利用した交通費については、領収書等に基づき後程、村の方から全額を支給します。

道外:所在地空港からとかち帯広空港までの航空運賃(往復)

※所在地空港までの旅費は自己負担とします。

札幌:札幌駅から帯広駅までのJR運賃(往復)

※札幌駅までの旅費は自己負担とします。

自家用車等での来村の場合、定額6,000円

このページの情報に関するお問い合わせ先

産業課産業グループ
住  所 :北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号:0155-67-2495(直通)
FAX番号:0155-67-2156

開催日:
〇月〇日

先頭へ戻る