新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

お知らせ

 海外渡航先への入国時に、防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付することとなりました。令和3年7月26日(月)より中札内村でも接種証明書の交付申請の受付を開始しました。

ワクチン接種証明書の概要

 接種証明書は、新型コロナウイルスワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、接種者からの申請に基づき交付するものです。当分の間は、書面による交付となります。

ご注意ください

 ・接種証明書は、接種証明書を提示することにより防疫措置の緩和等が認められる国や地域に渡航する場合に限って申請していただくようお願いいたします。
・接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかは、最新の状況を以下の外務省のホームページにおいて随時公表していますので確認してください。

接種証明書の申請と発行について

対象

 接種証明書は当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。
1、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種)を受けたこと。
2、日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることによる防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

次の方は対象になりません。
 ・海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)
 ・国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)
※外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問合せください。

申請先

 申請先は、接種を受けた際のワクチン接種の証明書を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)です。
 接種後に転居された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。
※中札内村では、中札内村役場福祉課(中札内村老人保健福祉センター内)に申請をお願いします。

申請に必要なもの

1、申請書(中札内村老人保健福祉センターに用意しています)
2、海外渡航時に有効なパスポート ※1
3、接種券のうち「予診のみ」部分 ※2
4、接種済証または接種記録書

※1 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。パスポートの申請中や、有効期限が近い方はパスポートが発行されてから申請を開始してください。
※2 「予診のみ」のシールがない場合、原則としてマイナンバーを確認できる書類が必要です。マイナンバーを確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でも構いません。

お問い合わせ先

○厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンにかかる電話相談窓口(コールセンター)
 電話番号 0120-761-770
 ※接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問

○中札内村新型コロナウイルスワクチンコールセンター
 電話番号 0155-67-0276
 ※中札内村での接種証明書の申請についてなど

このページの情報に関するお問い合わせ先

福祉課 保健グループ
TEL. 0155-67-2321