村道民税(個人住民税)について

村道民税(個人住民税)は、一般に個人村民税と個人道民税とを合わせて呼んでいます。
村道民税は、毎年1月1日現在中札内村にお住まいの方にかかる税金です。この税金は前年1年間の所得をもとに計算されているため、所得のあった翌年に納税通知書をお送りしています。
村道民税には、均等の額によって負担する「均等割」と所得に応じて負担する「所得割」があります。

均等割

一定以上の所得がある方に一律の負担を求めるのが均等割です。税額は5,000円(村民税3,500円:道民税1,500円)です。

※東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律に基づき、臨時的な税制上の措置として、平成26年度から平成35年度までの間、均等割の税率を村民税・道民税それぞれ年額500円引き上げています。

所得割

均等割が一定の負担を求めるのに対して、個人の所得に応じた負担を求めるのが所得割です。所得割の計算は次のとおりです。

 (所得金額-所得控除額)×税率-税額控除

※税率は、村民税6%、道民税4%です。

住民税が課税されない人

均等割も所得割もかからない人

(ア)前年中に所得がなかった人 
(イ)生活保護法によって生活扶助を受けている人 
(ウ)障がい者、未成年者、寡婦又は寡夫で前年の合計所得が125万円以下であった人

均等割がかからない人

前年中の合計所得金額が、次の算式で求めた額以下の人
(ア)扶養親族、控除対象配偶者のいない方
   280,000円以下
(イ)扶養親族、控除対象配偶者のいる方
   280,000円×(控除対象配偶者+扶養親族+1)+17万円以下

所得割がかからない人

前年中の総所得金額等の金額が次の計算式で算出される額以下の人
(ア)扶養親族、控除対象配偶者のいない方
   350,000円以下
(イ)扶養親族、控除対象配偶者のいる方
   350,000円×(控除対象配偶者+扶養親族+1)+32万円以下

納税の方法

住民税の納付方法は次のとおりです。

普通徴収

納税通知書により個人で納付する方法です(1年分を5回で納付するものです)

給与特別徴収

勤務先から毎月、給与天引きにより納付する方法です(毎年6月から翌年の5月まで12回納付するものです)

公的年金特別徴収

対象となる方

毎年4月1日現在、年齢が65歳以上の公的年金受給者で、個人村道民税の納税義務のある方で、かつ、年額18万円以上の老齢基礎年金又は老齢年金、退職年金等を受給している方(介護保険料の特別徴収と同様)です。

対象となる税額

厚生年金、共済年金、企業年金などを含むすべての公的年金等に係る所得額に応じた税額が特別徴収(天引き)の対象となります。
ただし、その税額は老齢基礎年金又は老齢年金、退職年金等から特別徴収(天引き)されます。

このページの情報に関するお問い合わせ先

中札内村役場

住民課 税務出納グループ
TEL. 0155-67-2492